TOP > JOURNAL > 安曇野の魅力を知り、人が繋がる拠点「KIIIYA cafe&hostel」

2022.03.29 | azumino

安曇野の魅力を知り、人が繋がる拠点「KIIIYA cafe&hostel」

旅行に行ったら、おしゃれなカフェやレストランで旅の余韻に浸ったり、その土地でしか出会えない作家さんの作品に出会いたい。
そう思う方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

KIIIYA cafe&hostelは安曇野の四季を感じる料理と、安曇野で活躍する作家さんの作品を多く販売。
地元の常連さんからも愛され、安曇野の人と観光客を繋いでいるKIIIYA cafe&hostelをご紹介します。

▼ 安曇野の魅力を発見できる場所

長野県安曇野市の国道147号線を北上し、穂高エリアに入ると見えてくる、一際目を引く外装の建物。
それが、「KIIIYA cafe&hostel」です。

元々、「安曇野の良さを発信したい」という気持ちが強かった、代表の島さん。
KIIIYA cafe&hostelの前身でもある、Little Kiiiya、Kiiiya at carを経て、さらに安曇野の魅力を発信する拠点を作るべく、2021年9月にオープンしました。

KIIIYAの名前の由来は、「誰かのキーポイントになる場所になりたい」という想いから。
この場から繋がりが生まれることで、息抜きの場となり、また頑張ろうと思えるような、生きる活力が生まれることを願った島さんの気持ちが込められています。

その想いを表現するような、安曇野の魅力を知る・感じる・繋がれるポイントがKIIIYAにはたくさんあります。

内装のライトは、安曇野で活躍されているKORUglassworkさんのステンドグラス作品を設置。Little kiiiyaを解体した際の廃材ガラスを、リメイクしていただいたものです。
実際にこのライトを見たお客様から、オーダーもいただいており、まさにKIIIYAがお客様と作家さんをつなげる役割を担っています。

他にも、安曇野で活躍されている作家さんの作品も販売しています。
時期によって、さまざまな作品に出会えることも、KIIIYAならでは。
来店した際は、ぜひチェックしてみてください。

▼ KIIIYAで味わう安曇野の料理

カフェの内装は一息つける落ち着いた空間で、非日常を楽しめるお食事メニューも多いKIIIYA。

中でもおすすめは、Little kiiiyaの営業時から大人気の看板メニュー「米粉100%クレープ」。表面はカリッとしていますが、生地はもちもちとしており、優しい甘さが口の中に広がります。

「月替わりのデリランチ」は信州・安曇野の四季と生産者さんの想いが料理に落としこまれており、毎月楽しみにされている常連のお客様も多いメニューです。

単品だけでなく、コース料理もあるので、ゆっくりとお食事を楽しみたい方にもおすすめ。
さらに、ドリンクには水素水を使用し、料理には白砂糖を使用しないなど、お客様が安心して食べられるような工夫もされています。

▼ KIIIYAのこれから

島さんに今後、KIIIYAをどのような場所にしていきたいか、尋ねました。

安曇野に住んでる方・安曇野を訪れた方にとってのホームベースの様な場所になりたいんです。
安曇野と言ったら=【KIIIYA】そして、また戻ってきたくなる場所。
ココでの色々な繋がりによりさまざまなモノが生まれる場を提供していきたいです。
その為にもっと安曇野の魅力を伝えられるような事を色々と企画していきたいと思っています。

代表:島さん

安曇野が好きで、その魅力に魅せられた島さん。観光で訪れた方に、安曇野を知ってもらいたい、好きになって欲しい、という気持ちが強く伝わってきました。

月替わりデリランチなど、お客様にワクワクしていただけるようなイベントを、日々企画していますので、是非SNS(Instagram)をcheckして遊びに来てくださいね。

代表:島さん

島さんのおすすめする安曇野の景色は、田植え後の田園に鏡面で映る北アルプス。その景色をドライブで堪能し、KIIIYAにてその美しい余韻に浸ってみてはいかがでしょうか。

島さんをはじめ暖かなスタッフと、安曇野の作家さんの作品や、安曇野の食材を使った料理が、あなたと安曇野を繋いでくれるキーになってくれます。

▼ 取材協力
KIIIYA cafe&hostel
代表 島 友理奈
1988年長野県安曇野市生まれ。上京し、ファッション関連業界で働くも、26歳で大好きな地元・安曇野にUターン。自身のブランドの立ち上げや、イベント運営に携わった経験から、人が集い・繋がれる拠点を安曇野に作ることを目標とし、KIIIYA cafe&hostelの開業に至る。

KIIIYA cafe&hostel
長野県安曇野市穂高1835-2
HP:https://kiiiya.com/
TEL:0263-75-2784
Mail:kiiiya_cafe_hostel@gmail.com
Instagram:https://www.instagram.com/kiiiya_cafe_hostel/

writer

TENARライター Funahashi Saki

東北育ち、兵庫県在住。 趣味は、旅でその土地の文化や自然を感じたり、キャンプで時間の流れをゆっくりと味わうこと。 星空と焚き火は、永遠と眺め続けることができる。 動物と触れ合うことや、人との会話など、人や自然との繋がりを感じられる空間も心地よくて好き。