TOP > JOURNAL > 日々の暮らしを豊かにする、温もりがあり長く愛される安曇野「solnte」のモノ作り

2022.03.11 | azumino

日々の暮らしを豊かにする、温もりがあり長く愛される安曇野「solnte」のモノ作り

長野県安曇野市から田園風景の広がる道を北に進むこと、約30分。
松川村にある、小さな家具屋さん「solnte(ソルンテ)」をご紹介します。

▼ solnteのモノ作り

solnteは嶋田好之(よしゆき)さん・ふみさんが2009年にオープンした、木製家具と小物のデザイン・製作・販売をしているお店です。
名前の由来は、好之さんの故郷の新潟弁で、天然木の性質で、収縮や膨張・反ることを表現した「木は反るんて(=solnte)」。木の性質も合わせて覚えられるお洒落な名前です。

solnte の家具や小物はシンプルで、どんな空間にも馴染みやすいようなデザインが特徴です。インスピレーションを受けた、北欧ヴィンテージ家具のデザインと、日本の伝統技術を掛け合わせ、自然本来の美しさを表現しています。

天然の無垢材を使用しているため、形は同じでも、木目や色味は異なり、どれも一点モノ。
店舗で木の香りに包まれながら、自分のお気に入りを探すのも楽しい時間ですし、使い続けることで愛着もどんどん湧いていきます。

オンラインショップも展開しており、定番の家具・小物の種類が20点以上掲載されています。オーダー品なども合わせると、製作数はもはや数え切れないほど。
そのすべてが、もちろん手作りで、どれも自然素材ならではのあたたかさを感じさせてくれます。
家具や小物には、使うほどに味わいが出てくる、ナラ・ブラックウォールナット・ブラックチェリーの無垢材を使用することが多く、お客様にも人気の樹種だそうです。
木の変化も楽しみながら、長く使っていきたくなりますね。

現在は色味や質感の良さから、外国産の木々を使用していますが、今後は国産材(地域材)を使ったモノ作りも進めていきたいとのこと。国産材を使用した、新たな商品展開ができることを、嶋田さんご自身も楽しみにされています。

また、solnte では、安曇野の作り手さんのドライフラワーや布もの、木工品や使い勝手のいい生活道具もセレクトして販売しています。
日々の生活を豊かにする素敵な作品に出会えることでしょう。

▼ オーダーメイドについて

オーダーメイドも気軽に相談できる solnte。
TENAR でも依頼させていただきました。
オーダーしたものはキャビン内に飾っている水挿しです。

TENARの特徴的な三角形の窓をモチーフに、刻印も入れていただきました。
刻印の三角形や水差しの角度など、細部にまでこだわって設計いただき、上品な見た目に仕上がっています。
自然と調和し、豊かさや温もりを表現しているこの水挿しは、自然の中で非日常的な体験を提供する TENAR にとって、欠かせない大事なアイテムとなっています。

▼ solnteの想い

日々の暮らしを丁寧に生きたい。
忙しなく過ぎていく時間の中で、誰もが一度は考えたことがあるのではないしょうか。
嶋田さんが作る作品は、自然素材の木・デザイン・伝統にこだわり、一点一点、手間を惜しまず、丁寧に作られています。

木に限らず、自然の産物はとにかく美しいと思っています。
そこに手を加えることで、人の暮らしの一部になれて、なおかつ私たちを快の気持ちにさせてくれるんだと思います。
私たちの作品が、日々の暮らしを豊かにするお手伝いができれば。

solnte 嶋田さん

自然素材のモノ、人の手で大切に作られたものが日常の中にあるだけで、忙しい心の隙間にふわっと風が通り、あたたかな気持ちにさせてくれるように感じます。

理想の家具や小物をお探しの方は、おふたりの想いのこもった作品に出会えるsolnteへ、ぜひ足を運んでみてください。
あなたに出会うことを楽しみにしている作品が、きっと待っています。

嶋田ふみ様 嶋田好之様

取材協力
solnte
北欧ヴィンテージ家具のデザインと日本の伝統技術を掛け合わせ、自然本来の美しさを引き出す表現力が強み。
家具・小物どちらもシンプルで、長く愛されるモノ作りを心がける。
イベント:2022年3月18日〜22日「春のはじまり おいしい暮らし」

solnte
長野県北安曇郡松川村3363-861
HP:https://www.solnte.com/
TEL / FAX:0261-85-6899
Mail:info@solnte.com
Instagram:https://www.instagram.com/solnteshimadakagu/

writer

TENARライター Funahashi Saki

東北育ち、兵庫県在住。 趣味は、旅でその土地の文化や自然を感じたり、キャンプで時間の流れをゆっくりと味わうこと。 星空と焚き火は、永遠と眺め続けることができる。 動物と触れ合うことや、人との会話など、人や自然との繋がりを感じられる空間も心地よくて好き。